強度があるプラスチック

加工機器

プラスチックというと、強度はあまりなく、ちょっとした衝撃でも壊れてしまったり、熱を加えると溶けて変形してしまうような、便利だけど脆いものというイメージがあるのではないでしょうか。 たしかに、よくある文房具などで使われる一般的なプラスチックは、汎用プラスチックと呼ばれ、強度や耐熱性があまりない比較的脆い素材です。 しかし、汎用プラスチックより優れた性能を持つ、エンジニアリングプラスチックと呼ばれるプラスチックは、非常に丈夫で熱にも強い素材です。 ポリカーボネートというプラスチックもその一つです。 ポリカーボネートはガラスに近い透明性と、強い耐衝撃性などから、建築資材などにも使われるプラスチック素材です。

ポリカーボネートは用途の広い素材として、樹脂製品を扱う各社からさまざまなタイプの製品が販売されています。 その中でも特に有名なのが、旭硝子の販売するカーボグラスです。 カーボグラスは、ポリカーボネートの持つ特性を生かし、主に建築用途でガラスの代替として利用されています。衝撃を与えても壊れにくく、ガラスのように簡単に割れることがないカーボグラスは、より安全な採光用建材として使用できます。 そして、他社のポリカーボネート製品と比べて、カーボグラスが特に優れているのは、そのバリエーションの豊富さです。通常の透明なカーボグラスから、内部が中空で軽いツインカーボ、屋外での利用を想定した耐候性を持つカーボグラスXLなど、多種多様な製品が開発されています。 カーボグラスは、品質の高さだけでなく、その種類の豊富さから、幅広い用途で利用されている製品です。